プランニング開

    

TOP > 講演・研修 > 新田新一郎 講演会

新田新一郎 講演依頼について

主な講演会研修会テーマ

 ○まちづくり・地域活性化
 ○生涯学習・子ども参画
 ○子育て支援
 ○男女共同参画 など


 講演依頼は以下のエクセルデータをダウンロードして
 必要事項をご記入後、
 
 メールアドレス kai2@alpha.ocn.ne.jp
 or
 FAX 022-276-8840

 までお送りください。
 後日担当松村から日程調整などご連絡差し上げます。
 
 ●お問い合わせ/プランニング開 松村TEL・FAX022-276-8840



新田新一郎 講演 事例

「よみがえれ!子どもの笑顔・元気!」

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」での講演内容から抜粋

僕は「プランニング開」という会社を経営しています。「開」という字は門構えの中に鳥居を書くんですけど、鳥居の真ん中があいているんです。これは、手が ふたつあるんです。自分の扉は自分の両手で開きなさいという意味があるそうなんですが、人も街も開かれるということで「開」という会社を立ち上げました。 スタッフは先生だったり、美術に強いスタッフ、音楽に強いスタッフ、いろいろです。僕はプロデューサーですから、いろいろな街、県の催し物、あるいは施設 が建つとその施設の基本構想、基本計画を考える仕事をしています。で、宮城県に国体とかが来ると、その開会式、閉会式なども仰せつかっています。

宮城県の国体の開会式&閉会式を演出

僕はいま57歳です。20年前、38歳の時に宮城で国体が開催されることになり、その演出の依頼が来たんですね。僕自身はお祭り男みたいなもので、催し物 が大好き。小学校、中学校、高校時代は、なんかイベントがあると、みんなにふられるような役で、そういうふうに好きだから「好きこそものの上手なれ」じゃ ないけど、そういう仕事が来るんだなあと思ってやってました。
依頼が来た時、「いま、鳥取県で開催されているから、下見に行ってきてくれ」と言われ、行ってみたんです。それで、がっかりしたんです。ハンコで 押したような開会式、閉会式で、地域性も何もない。「なんだこれ」って思いました。1600名の選手団もみんな飽きてるんです。プログラムが始まると偉い 方のあいさつ、あいさつ、あいさつ……で、見えるのは前の人の頭だけ。みんなときめかない、国体のワクワク感がないんです。これはダメだと思いました。

七夕の街・仙台じゅうのネオンを消して……。

僕はいろいろな街おこし、街づくりをやってきたんですけど、今日はひとつだけご紹介します。20年くらい前、ペルセウス流星群が130年ぶりに地球に大接 近するという年があって、1時間に流れ星が数百個見れるっていうんですよ。仙台は七夕の街です。子どもたちによく言ってたんですよ。「織り姫、彦星、あの 星は、16光年の距離が離れてる。だから、光を声で表すと『おーい彦星』で16年、『なあに』で32年なんだ」って。
星見ながらいろいろやるのっておもしろいよねって言ってたんだけど、そんな仙台だったら、流れ星がいっぱい見れる夜は、ネオンを全部消したらどうだろう?といろいろ思いつくんです。

新田新一郎 講演会感想

6/26 地域活動推進委員連絡会 アンケート結果

・とても楽しかったです。自分が自分であること、感謝をわすれないことなど参考になりました。
・地域活動作りのポイントを分かり易くお話をいただき、参考になりました。
・すべて参考になりました。若いお母さん方に聞いてほしいと思いました。
・「福祉の捉え方」マイナスと考えるのではなく、その人の良さを引き出し、”晴れの日””必要とされる”ことを創り出す、これからの地域の活動に大変参考になりました。やってもらう、お膳立てをする、支える以上に攻める福祉を考えていきたい。
・なるほど、なるほどと聞き入り、時間の経過も分からず、楽しい時間でした。逆転の発想の素晴らしさを認識できました。
・笑いのある講話でとても楽しかった。研修の始まる前は身体の疲れもあって眠かったが、前編話に引き込まれた。
・爆裂トーク、元気をいただき感謝致します。地域独自の活動推進が皆さんにとって元気になれると言うことが分かった気がしました。今日の公演を参考に少しずつ実践に移していきたいです。

・とてもテンポの良い話で引き込まれるように聞いていた。「記憶力の良い子が良い子ではない」という言葉に、自分自身勇気づけられた。
・笑顔が減っている我が家。これでは、未来はどうなるのかと心配になった。笑顔あふれる家を作るよう自分がまず笑顔を心掛けます。
・すごく良い講演でした。亡き父が今生きていれば73歳なので、話を聞いていて涙が止まりませんでした。
・子どもに、今しかできない体験をさせたいと思う。
・新田先生を育ててくれたおばあさんの話が、とても心地よかった。
・子どもの力を信じてあげようと思った。子育ては初めてなので勇気が持てました。
・子どもの自由をなくす子育てをなくそうと思う。
・昔のおばあちゃんの子育て……バカにしていた部分があり、講演を聞いて考え直したいと思った。
・地域で育てる事に貢献したいと思う。
・久しぶりにお腹から笑い、深く考えた時間でした。自分の人生を振り返ることができた。

 過去の感想→こちらをクリック

新田新一郎 講演用プロフィール

●新田新一郎 講演用プロフィール写真

 ●講演依頼受付用紙エクセルデータはこちらからダウンロードしてください→kouenirai.xls

地域活性化用プロフィール


こちらをクリックLinkIcon

子ども教育関係プロフィール


こちらをクリックLinkIcon

男女共同参画用プロフィール









































プランニング開
TEL/FAX 022-276-8840
Email > kai@jupiter.plala.or.jp
〒981-0931
仙台市青葉区北山1-5-22